事故からの廃車

事故で車を廃車にしました。

愛着や思い入れがあったわけではなく買い替える資金がなかったのでそのまま乗り続け、気がつけば10年以上経っていた軽自動車。
メンテナンスもマメにしていたわけではなかったので結構ガタがきていたと思います。

その軽自動車を運転中、対向車線の車が突っ込んで来て正面衝突という事故を受けてしまいました。
車の正面や側面はグシャリと歪んで無惨な姿に・・・。
ディーラーに連絡するとすぐに駆けつけてくれて車を引き取っていってくれました。

事故処理の一環で壊れた車の査定をしたのですが、結果は全損。(車の査定額より修理代の方が上回る事)
事故自体はこちらには過失がなく100%加害者側の負担だったので廃車にしてこの機会に買い替えることにしました。

保険会社から支払われるのは査定額と同じ金額なのでもっとちゃんとメンテナンスしておけばよかったと後から後悔しました。
本当はボロボロになるまで乗り潰す予定だったので車には全然気を使ってなかったんですよね・・・。
まさか事故で廃車になるとは思ってなかったので。

事故当日はそのまま車を持って行かれてしまったので後日車内の荷物を取りにディーラーまで行きました。
ボロボロの姿で駐車場に佇んでいる車を見ると、愛着はなかったはずなのにちょっと切なくなってしまいました。

10年以上頑張って走ってくれたことに感謝しつつ、手続きなどはすべてディーラーにお任せしてお別れしてきました。